ルネッサンス新書一覧

  • ルネッサンス新書

    人文・思想

    『悪の知性に挑む』坂本進著

    人間は常に自己を磨き、温かい家庭を築き、社会とうまく付き合おうとするのを、信条とするが、本性には、人間としての弱さや、不順な心情が […]

    坂本 進(さかもと すすむ)

  • ルネッサンス新書

    人文・思想

    『「私」という最大の謎』鈴木敏昭著

    記憶を移植されたクローンは「私」なのか。脳以外を機械に置き換えたなら、それは「私」たりえるのか。ヒトが自我を手にした日から「私」と […]

    鈴木 敏昭(すずき としあき)四国大学(徳島市)教授

  • ルネッサンス新書

    評論

    『ウェブ時代の音楽進化論』望月寛丈著

    インターネットの普及とデジタル技術の向上によって、音楽を取り巻く状況は劇的に変化している。プロではない一個人が、自作曲を全世界に向 […]

    望月 寛丈

  • ルネッサンス新書

    心理

    『Over Thirty クライシス ~30代のストレスマネジメント』三野節子著

    身体だけではなく心の健康の重要性も叫ばれる現代社会。日々ストレスフルな環境の中、人生の転換期を迎える「30代サラリーマン」はどのよ […]

    三野 節子

  • ルネッサンス新書

    実用書

    『地域包括ケアとは何か』金子努著

    高齢化と人口減少が進む日本で、近年注目されつつある「地域包括ケア」。その考えは、高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けるために、医療・ […]

    金子 努県立広島大学保健福祉学部教授

  • ルネッサンス新書

    実用書

    『脱原発社会を求める君たちへ』小野一著

    福島原発事故は終わっていない。悲劇を繰り返さないために、私たちには何ができるのか。どうすれば原発に頼らない社会を作ることができるの […]

    小野 一工学院大学(教育推進機構)教授

  • ルネッサンス新書

    文学・評論

    『プルーストから村上春樹へ』岡本正明著

    20世紀の文学は「時間」を、事実の連鎖としての「外的時間」ではなく、個人の心の持続性を表す「内的時間」として描くことを始めた。著者 […]

    岡本 正明中央大学教授

  • ルネッサンス新書

    評論

    『子供のキャリア形成』中尾豊喜編

    現代の日本社会は、急激な少子高齢社会、生産年齢人口の減少、そしてグローバル化やAIの発展といった大きな局面を迎えている。そのような […]

    中尾 豊喜(編者)大阪体育大学体育学部 教授